フラット35金利と印紙代とは?

フラット35は安定金利が長期利用出来るところが魅力ですね。
申し込みに関しては、住宅ローン契約時に住宅ローン契約書に印紙を貼付しなければいけません。
このとき、契約金額に応じた印紙代がかかります。
1,000万円〜5,000万円の契約では2万円ほどかかります。
扱う金額が大きいので、印紙代も安くはないんですね。
建築工事の場合でも1万円ほどかかりますから、物件価格以上の諸経費がいろいろかかってくると知っておきましょう。
もちろん、登記にもお金がかかりますし、行政書士など書類作成に関わる経費もあるので、かなりの額になります。
物件価格の他にも何十万円かが、諸手続きにかかりますから、ローンで購入を考えると言っても、多少の頭金を用意されることが必要です.
フラット35の審査は厳しい?審査基準を知りたい!【通りやすい方法は?】